アパート経営・マンション経営、土地活用・資産運用をサポートする福岡の上村建設です。

ウエムラ 上村建設株式会社/大切な資産を末永く有効に活用するために
サイトマップ お問い合わせ
サービス概要 アパート経営・土地活用 商品紹介・実績集 リフォーム・新築戸建 オーナー様向け 会社概要・リクルート

ホーム > アパート経営・土地活用 > 土地活用のメリット

アパート経営・土地活用

オーナー様の声一覧

アパート経営・土地活用

土地活用のメリット

最近はトータルサポートシステムもあり、安心して事業が始められる資産運用方法。有効に土地活用できるうえ、節税効果抜群。将来を見据え、付加価値やオリジナリティの高い建物を作ることで安定した需要確保が可能な土地活用には多くのメリットがあります。


土地活用とは?

土地活用とは自己が所有する土地を有効に活用し、現在の状態よりも良い状態にすることを言います。土地の所有者に経済的利益をもたらす活用のことを一般的には「土地活用」と言います。
更地のままで土地を所有していると、利益は無いのに毎年固定資産税を支払う必要があるため、税金が負担になります。所有地を有効に活用することができれば、節税効果や安定収入が期待でき、老後の生活費に充てることも可能です。

メリット1:節税効果

固定資産税評価額が6分の1に減額
所有している土地に賃貸住宅を建てると、固定資産税評価額が更地と比較した場合の6分の1に減額。新たに建物を建てた場合、固定資産税が掛かりますが、これについても優遇措置があり、新築後3年間(コンクリート造では5年間)は評価額が2分の1になります。
地計画税も3分の1に軽減
土地計画税も3分の1に軽減されます。(全国約700箇所の市町村で徴収)
更地での所有に比べ、賃貸住宅を建てることで、固定資産税と都市計画税は大幅に減額できるといえます。
更地に比べ評価額が2割下がる
土地が「貸家建付地(かしやたてつけち)」と評価され、更地に比べ評価額が2割下がります。※建物自体の評価も、賃貸をしていることを理由に、通常の7割となります。
「小規模住地の特例」の適用
「小規模住地の特例」の適用により、賃貸住宅の敷地は、200平方メートルまで5割減の評価になります。
ローン残高が相続税から差し引かれる
借り入れによって賃貸住宅を建築した場合、ローン残高が相続財産から差し引かれます。差し引かれた分がそのまま節税となります。

メリット2:安定した収入

入居者が集まる賃貸住宅を建てれば、長期間安定した現金収入が得られます。建物以外に多額の投資を必要とすることもなく、また、運営のために多くの人手の必要もありません。

メリット3:立地に左右されにくい

オフィスビルや貸し店舗などをつくるなら駅前や繁華街に近いことが必要ですが、賃貸住宅の場合、その土地に合った企画なら、入居希望者は集まります。


資料請求のご案内

このページのトップへ
Copyright(C) UEMURA KENSETSU CORPORATE AllRight Reserved.