土地区画整理事業に伴い、田んぼからマンションへ。(from第217号)

名称 クレールM
間取り 2LDK 12戸 / 3LDF 19戸
延床面積 2,786.19m²
敷地面積 1,527m²
竣工日 平成16年6月30日
構造 鉄筋コンクリート造 6階建
所在地 筑紫野市若江57-1

西鉄大牟田線筑紫駅西口の土地区画整理事業に伴い、田んぼだった土地を宅地へと造成することになったK.M様。税金対策をはじめさまざまな点を考慮され、このたびウエムラ建設により賃貸マンションを建設されました。上品な外観に、充実した室内の施設。久保様のご希望どおり、入居者に喜ばれる素敵なマンションが出来上がりました。

今回、マンションを建てることになった経緯は?

筑紫野市は平成9年度から西鉄大牟田線筑紫駅の西口を中心に、土地の区画整理事業を行っています。そこで、うちの土地も田んぼから宅地へと整備されることになりました。しかし、田んぼが宅地になることによって、かなり固定資産税が増額になってしまうことになったのです。また、いずれこの土地を息子に相続させるということを考えると、相続税の対策も考慮しなければいけません。さらに、以前から何社かの建設会社から「アパートを建てませんか?」というお誘いを受けていました。そこに、息子の知り合いがウエムラ建設でマンションを建てたという話を聞いてきたんです。その知り合いから、戸数が少ないアパートより戸数が多いマンションを建てたほうが良いということ、またマンションを建てるのだったらウエムラ建設が福岡で一番いい、ということを聞き、息子の意見も取り入れてウエムラ建設にお願いすることを決めたんです。

工期中にはどのような思い出がありますか?

建物に関しては、まったく素人で分かりませんので担当の方にお任せをしていました。しかし、素人目ながらその担当の方の仕事ぶりはとても気持ちいいものでした。ひとつひとつの工程を丁寧にしてもらっていることをはじめ、さまざまな作業を私たちに分かるようにキチンと説明してくれました。また、担当の方が「工事現場がめちゃくちゃなところは、作業もダメ」と言うように、工事現場がいつもちゃんと後かたづけされておりとてもきれいだったことも印象に残っています。

こちらの建物の特徴はどんなところでしょうか?

気に入っているところはとても廊下が広いところ。エントランスも円形の屋根を取り付け豪華な雰囲気を取り入れましたが、そこからさらに広い廊下が続いているので開放的で明るいイメージに仕上がっています。また手摺りがすべて付いているので、お年よりの方が入居されるだけでなくちょっと遊びに来られた時でも不便なく足を運んでもらえます(完全バリアフリー)。また木々がいっぱい植えられた緑豊かな住環境にできたところも良かったと思います。また、室内にも24時間換気システムや磁気活水装置などを兼ね備え、快適な生活を送って頂けるようになっています。防犯対策には24時間監視できるモニターを設置。自分たちが想像していたよりも、さらに立派な建物ができとても満足しています。