農地を賃貸アパートへ転用(from第166号)

名称 リジェール伊都
間取り 2LDK 4戸 / 3LDK 16戸
構造 軽量鉄骨造 2階建 x 5棟
所在地 糸島市浦志3丁目13-5

私が「住みたい」と思うそんな建物ができました。前原市の古澤さんが先祖代々受け継いだ土地にアパート建設を決断するまで...。そこには、確かな信頼関係が生まれるまでの心の動きがあったのです。

アパート建設に至る動機は?

この土地は先祖から受け継いだものですが、昨今の厳しい社会情勢を考えると、この大切な財産をいかに持続していくかは重大な問題です。土地の有効活用については以前からいろいろと考慮していました。そんなとき、上村建設さんとお知り合いになりました。ちょうどそのころ父親が亡くなったこともあり、公私にわたっていろいろと相談にのっていただきました。そういう人間同士の心のつながりが信頼感を生み、上村建設さんにお任せすれば間違いないという確信をもって建設に踏み切ったわけです。

アパートの建設では特にどんなところにこだわりましたか?

なにしろ私は建設については素人ですから、ほとんど上村建設さんにお任せしました。毎月の定例会で専門的なアドバイスが受けられたので、何も心配はありませんでした。最初、2階建にするか3階建にするかで迷ったのですが、入居者の皆さんに気持ちよく住んでいただける家を作ろう、そうすることにより地域に密着し、将来的にも安定した入居を持続できるのではないかということで、あえて2階建としました。5棟に分かれた構造になっていますので、一戸建感覚のゆとりある住宅に仕上がったと思います。

アパートの完成後のご感想は?

工事の足場が取れて全体の姿を見たときは、「これが本当に自分の建てたものなのか」と胸が躍りました。妻をはじめ家族もみんな喜んでいます。ここは長年、農地として利用してきた土地ですから、イタリア語で「田んぼ」を意味する「リジュール」と名付けました。ゆったりとした中庭にふんだんに緑を配し、田園のように心和む空間にしています。おかげさまで入居の方も満室で、管理面でも全く心配なく、本当に満足しています。私自身、住みたいくらいなんですよ。