投資目的で土地を購入しマンションを建設 さらに節税対策で法人化に(from第351号)

名称 カーサ宮ノ前III
間取り 2LDK 20戸、3LDK 10戸
構造 鉄筋コンクリート造 5階建 2棟
敷地面積 1890.65m²
延床面積 2147.73m²
所在地 糟屋郡志免町南里3丁目
竣工日 平成27年10月15日

今回、3~4棟目のマンションを建てられたN様。これまでの2棟は所有している飯塚の農地を転用して建設。今回は、志免町の土地を購入し、投資を目的としたマンション建設を決断されました。

親戚の紹介で

これまでの2棟は、ウエムラさんにお願いして建てたものです。ウエムラさんは、親戚から紹介されていましたし農協からの勧めもありまし。続税対策として農地をどうにかしようと考えていた時期で、ウエムラさんは税対策を含めて相談に乗ってくれました。親の代からの農地はあるのの、農業を継ぐまでには至らずで。しかし、そのままにしている訳にもいかず何とか活用できないかと考えていました。そしてサラリーマンしながら、マンション経営のノウハウを学び、1棟目を建てたのは平成9年。

競争が激しくなりつつ

飯塚には、他にも農地を所有していますが、マンションの供給が増え競争が激しくなってきました。そこで将来の投資として、人口が多い福岡市圏にいい土地があったら、そこにマンションを建てようと考えるようになりました。土地を探していたところ、ウエムラさんの紹介で見つか、銀行の融資もおりたので、マンション建設を決めました。3棟目を建てる際には、節税対策として事業を法人化。修繕や空き部屋対策を考ながら、目指すのは7割の入居で成り立つ経営でした。

管理会社も重要

マンションの管理は絶大な信頼を寄せているハッピーハウスさんにお願いしています。今回のマンションの仕様なども相談し、入居者目線でいいろなアドバイスをいただきました。外観はシックで落ち着いた色合いで、エントランスや庭にもこだわりとても気に入っています。マンショ経営は建ててからがはじまりです。管理会社の存在はとても大きいので、大変助かっています。これからも今までの経験やノウハウを活かし、全なマンション経営を行うことで資産を守っていきたいと思っています。