将来を見据えた賃貸マンション(from第195号)

名称 カーサ・フェリーチェ梅光園
間取り 1LDK 21戸
構造 鉄筋コンクリート造 6階建
敷地面積 688.57m²
延床面積 991.47m²
所在地 中央区梅光園2-16-16
竣工日 平成14年11月1日

住めば住むほど気に入ってもらえる建物を造りました。

1.老朽化を防ぐにはどうするのか
2.入居者をどうやって集めるのか
3.どのくらい入居率があれば安定した経営が出来るのかなど、オーナーにとっての心配事を、見事に解決してくれました。

今回、上村建設にご依頼された決め手は?

私たちは、200坪余りの土地に将来を見据えて、賃貸の建物を建てることにしました。しかし、建設に関してはまったくの素人である上、長年東京にいたもので福岡の事情も知らず、その決心をすることは大変なことでした。そこで、いくつかの会社からいろいろなご提案を頂いていたのですが、その中で、梅光園の土地柄を考えたウエムラさんの提案がとても良く、またタイミングも合い、さらに私たちの疑問にも一つひとつ丁寧に答えて頂きました。

例えば、老朽化を防ぐにはどうするのか、入居者をどうやって集めるのか、どのくらいの入居率があれば融資を返済することができるのかなど。私たちの立場をとても理解して頂いた上での解答でした。さらにウエムラさんが建てた築20年以上の建物も何棟か見学させて頂き、これなら安心できると思い、お任せすることにしました。

施工中はとても綿密な打合せをされたそうですね?

建設中は2週間に一度、工程会議を行いました。“暖かく、やさしい建物を”という私たちの漠然とした希望を、会議を重なるに従い理解していただき、また希望が無理なところもなぜ無理なのか丁寧に説明して頂きましたので、自分たちも納得するものが出来上がったのだと思います。また、現場の方をはじめ皆さんには、出来る限りの手間と工夫をかけてもらい、限られた予算の中でも最大限の施工をして頂きました。とても楽しく、信頼関係の強い、そしてワクワクする工程会議でしたので、終わってしまったのが寂しいくらいです。

特に、留意された点はどこですか?

住めば住むほど気に入ってもらえる。そんな住居であるため、間取りについては何度も検討を重ねました。どんな方でもゆったりと生活していただけるように広めの1LDKを選択しました。さまざまな方の意見を取り入れ、小さな空間も収納として活用したので、部屋ごとに微妙に間取りが違ってくるんですよ。また、通路に面した窓は格子で塞ぐのではなくガラスブロックを利用したり、南側の窓はなるべく明かりを取り入れられるよう三角で窓にしたりと、美観を損なわず、住んでる方が住み心地の良い空間にするための工夫は、細部にまで凝らしています。

あとは、梅光園の雰囲気と合った建物である点ですね。古くても人気の物件というのは、建物自体がとても良い雰囲気を醸し出していると思うんです。おかげさまで、これらの私たちの要望をウエムラさんの担当の方には十分理解してもらい、期待以上の建物が完成したと満足しています。

オーナーK.N様, A様御夫妻