遊休地を建て貸し(from第198号)

名称 植木菊楽倉庫(スチール九州支店)
敷地面積 6685m²
竣工日 平成14年11月30日
構造 鉄骨造
所在地 粕屋郡須恵町大字植木1586-2

テナントさんにも、私たち地権者にも満足の建物ができ上がりました。遊休地に、テナントが希望する建物を建てて賃貸する「建貸事業」。今回は、糟屋郡須恵町に土地を所有する3人の地権者さんがスチールさんと20年契約の建貸事業を実現。その動機や経緯について、地権者のお一人I様にお話を伺いました。

「建て貸し」を上村建設に依頼された経緯をお聞かせください。

もともと、私とG.Yさん、A.Yさんが所有する土地を、どうにか有効利用したいということから、今回の建貸事業は始まりました。それ以前にも、土地貸しという形である会社に土地を貸していたのですが、そのテナントが急に撤退することになって、途方に暮れていたんです。正直、もう土地を手放さないといけないのではないかと思ったこともあります。そんな折、以前から取引のあった粕屋農協さんに相談を持ちかけてみたところ、「大阪が本社で、現在福岡支店の移転先を探しているステンレス・チタンの流通販売会社があるので、検討されてみては」と、場Vスチールさんへの建て貸しを薦めてくださったんです。建設されるウエムラさんについてはスチールさんとも関連があり、福岡県下の農協さんと組んでさまざまな実績を残されていることも知っていましたので、一も二もなく、喜んでお願いすることにしました。

今回の「建貸事業」でご苦労されたことはございますか?

私たちの苦労はまったくありませんでした。今回、粕屋農協さんが、私たち地権者、スチールさん、ウエムラさんとの橋渡し役を務めてくださったのですが、建設する倉庫の規模や形態などを調査するためにわざわざ大阪の本社まで行って確認するなど、労力を惜しまずサポートしてくださいました。また、ウエムラさんはウエムラさんで、スチールさんからの要望を形にしていく上で、幾多のご苦労があったみたいですね。例えば、スチールさんはステンレスの販売会社ということもあって、外壁材に鏡面仕上げのステンレス(自社製品)を使用してほしいという要望があり、その割付や取付工事の際、調整が大変だったようですね。

上村建設に任せてよかったと思う点はどんなことですか?

毎月1回開催される現地説明会では、1ヶ月分の作業写真などを見せてもらいながら、工事の進捗状況を知ることができましたので、とても安心でしたね。私の場合、家が近くなので、犬の散歩がてらにちょくちょく施工の様子を見る機会があったのですが、工事関係者の皆さんの真摯な作業ぶりが特に印象に残っています。それに加えて、スチールの児嶋支店長さんが本当にいい方で、常に地権者の立場に立って話し合いを進めてくださいました。実際に完成した倉庫や事務所を目にしたテナントのスチールさんも、満足感でいっぱいでした。粕屋農協さんやウエムラさんをはじめ、この度ご尽力をいただいた多くの皆様に、この場をお借りして心から感謝とお礼を申し上げます。