1LDKの常識を覆したマンション(from第162号)

名称 イング大橋南
間取り 1LDK 30戸
構造 鉄筋コンクリート造 6階建
所在地 福岡市南区三宅3丁目29-6

夢が詰まった「進行形」のマンションです。「これが本当に1LDK?」そう思うようなマンションができました。1LDKの常識を覆したのは福岡市南区のオーナー・斎藤さんです。「建てて本当に良かった」斎藤さんに喜びの声を聞きました。

上村建設さんとの出会いは?

うちは米穀店を営んでいるんですが、20年ほど前、父の代のときに上村建設の営業の方が飛び込みで来られ、3階建のアパートを建てたのが最初です。その後も自宅や工場の建築を依頼した経緯があります。今回の建設にあたっては、土地の世話からお願いしました。施工例を見せていただき、「こういうのができたらいいなあ」と思っていました。できあがってみると予想以上のものが完成し、とても満足しています。おかげさまで、3月の引き渡し前には満室という状況です。

マンション建設でこだわった点を教えてください

単身者向けの1LDKマンションですが、先のことを考えてゆったりした空間づくりに心掛けました。ベランダ、収納、キッチン、バス、洗面所、すべてにゆとりを持たせています。1LDKといっても、お2人で十分に住んでいただける広さです。外壁はペンキの塗り替えなどのメンテナンスが要らないよう総タイル張りにしました。毎月の定例会で話し合いながら、新しい技術をどんどん取り入れました。私は外壁などの大きなところを担当し、キッチンの細かい点などの要望は主に妻が出してくれましたね。

画期的な1LDKマンションなんですね

ええ、なかなか見られないタイプの1LDKに仕上がったと思います。上村建設さんでも、このタイプは南区での初の試みだそうで、入居前に内覧会を開いてモデル住宅的な活用もされていました。内覧会は大盛況だったと聞いています。立地、間取り、ともに申し分ないと思います。入居者の方々も、建てた私たちも、共に「進行形で発展していこう」。そんな思いを込めて「イング大橋南」というマンション名をつけました。私たちの夢がいっぱい詰まったマンションなんです。