築18年で大規模改修工事を行い、長く愛され続けるマンションへ(from第407号)

名称 フレグランス春日
概要 大規模改修工事
延床面積 1889.01m2
敷地面積 1291.98m2
構造 鉄筋コンクリート造 5階建
竣工日 平成12年6月29日 
リニューアル日 平成30年10月30日
所在地 春日市下白水北1丁目143-2

今まで3棟のアパート・マンションの建設を弊社にご依頼くださったオーナー様。平成12年に竣工したマンションの大規模改修工事を行いました。

雨漏りが発生したことをきっかけに築18年で改修工事の実施に踏み切りました

ウエムラさんとのおつきあいは、JAさんからのご紹介で30年前にアパートを建設したことから始まります。このフレグランス春日はウエムラさんに建設を依頼し、平成12年に竣工した3棟目の物件で、元々は戸建ての借家6棟を運営していました。私は当時会社勤めと農業、アパート経営を兼業しており、建築のことはよくわかりませんでしたのでほとんどをウエムラさんに提案いただき、おまかせしました。フレグランス春日は「分譲マンションのようですね」とよく言われ、気に入って新築の時から入居されている方もいらっしゃいます。ハッピーハウスさんに管理をおまかせしているのでウエムラさんとの連携がスムーズなのはもちろん、点検も定期的にしていただき、必要な箇所はその都度改修していました。しかし、2年前に雨漏りが発生したことをきっかけに、そろそろ大規模改修工事が必要とのことで、築18年で実施に踏み切りました。

大規模改修工事を経て、築20年とは思えないほどの外観となり、資産価値の向上に

雨漏りの原因は屋上の防水シートが硬くなり部分的に割れていたためで、補修してトップコートを塗りました。ベランダも雨水を受けて劣化しやすいので床部分に防水加工を施し、外壁は主に塗装の塗り替えとタイルの洗浄・補修をしました。タイルはどうしても歳月が経つとヒビ割れたり浮いてきたりするものですが落下すれば事故に繋がりかねないので、一枚一枚点検・調査しました。そして、コンクリートと窓サッシの間などに使用した、気密性や防水性を高めるコーキング材をすべて打ち替えました。改修工事は劣化を遅らせて耐久性を維持するために行うもので、このマンションを受け継ぐ息子が初めて工事の打ち合わせに参加して、必要なメンテナンスなどさまざまなことを学んだようです。築20年のマンションですが大規模改修工事をしたことで、そうは見えないほどきれいな外観を保っていると思います。

福岡 賃貸マンション 外観とエントランス

福岡 賃貸マンション 改修後の廊下と玄関