資材置場だった土地をきれいに整備して有効活用。初めての賃貸マンション建設は満足以上の出来です(from第412号)

名称 クレイン泉ケ浦
概要 3LDK 10戸 / 2LDK 10戸
延床面積 1,768.70m2
敷地面積 1,586.15m2
竣工日 2020年8月20日
構造 鉄筋コンクリート造 5階建
所在地 北九州市八幡西区泉ヶ浦

大通りに面した生活環境のいい土地を有効に活用できればと、弊社にご相談くださったオーナー様。企画型マンションのプレアev20をご採用いただきました。

はじめて賃貸マンションオーナーになるということで不安も多かったのですが、打ち合わせを重ねるほどに信頼が厚くなりました

主に土木工事などを行う建設業を営んでいますが、会社の資材置き場にしていた土地を有効活用できないかと考えていた時に、不動産会社からウエムラさんをご紹介いただきました。知人からの紹介で他の建設会社などからもお話をいただいたことがありますが、ウエムラさんが一番いいのでないかと決断しました。理由は提案に説得力があること、そしてやはり営業さんの人柄でしょうか。賃貸マンションのオーナーになるのは初めてですから不安もありましたが、ウエムラさんには正直な気持ちをお話しできました。ウエムラさんは周辺エリアの入居状況を調べてくれるなど、打ち合わせを重ねるほどに信頼が厚くなり、これなら大丈夫だろうとお任せすることにしました。

ウエムラさんが手掛けたマンションの内覧会に足を運び、ウエムラさんのオリジナル企画商品であるプレアを採用しました

資材置き場にしていた約1000坪の土地の一部にマンションを建設。造成工事は私の会社で施工しました。今回の計画を進めていく過程でいくつかウエムラさんが手掛けたマンションの内覧会にも足を運び、そのなかで企画商品であるプレアev20を採用しました。着工して月に1度の定例会議には私と妻が参加し、私が主に外観のイメージを重視し、妻が内装を決めました。パースや現物を見て提案いただいた中から選択すればよいのでスムーズに進みました。隣に暖色系のマンションがありましたので外壁はアロマブラックというデザインを選び、モノトーンをベースとした配色に。内装は床も壁も淡いトーンにして明るい印象の部屋にしました。マンション名は私の名字から英語で鶴を意味する「クレイン泉ケ浦」に。白黒の壁の上部にロゴを赤く配したのは丹頂鶴の色をイメージしたものです。

大通りに面した立地で生活環境の良さを十分に活かして、ファミリー層を対象とした仕様のマンションに

大通りに面しスーパーやホームセンターなども近く、生活環境のいい土地ですが、駅からは少し離れているので駐車場は戸数の約1.5倍を確保し、敷地内での離合も余裕をもってできるようにしました。また駐車場の一部にはデッドスペースを利用し屋根付きのバイク置き場を設け、自転車置き場は盗難防止のためセキュリティゾーン内に設置しました。明るい室内はファミリー層を対象とした仕様で収納も多く、引き戸を開けばLDKを広々と使えるなど、機能性も十分だと思います。バスルームにはスペースにゆとりができるスクエアタイプの浴槽をご提案いただき採用しました。造成から始めてマンションが建ち土地が生まれ変わったようで、妻は「私も住みたい」と言うほど気に入っています。竣工とほぼ同時に満室となり、満足以上の出来だと喜んでいます。

写真:クレイン泉ケ浦 エントランスと駐輪場

写真:クレイン泉ケ浦 エントランス夜景