不動産賃貸業の事業拡大で新たに土地を購入し、ウエムラさんの企画型マンションを2棟建設(from第413号)

名称 シャルマン花見の里
概要 2LDK 20戸 / 3LDK 20戸(2棟)
延床面積 2,842.1m2
敷地面積 3,678.68m2
竣工日 令和2年9月1日
構造 鉄筋コンクリート造 5階建(2棟)
所在地 福津市花見の里3丁目1932-1 他

100戸以上の賃貸マンションを所有されているオーナー様。弊社とのマンション建設は2度目となり、今回は土地のご紹介からとなりました。

決め手は信頼関係の厚い紹介者からの「ウエムラさんは質の高い建物を建ててくれる」という後押し

父の代から不動産賃貸業を営んでおり、ウエムラさんにマンション建設をお願いするのは2度目です。今回はJAさんから土地をご紹介いただいたのがきっかけです。土地の購入も含めるとかなり大きな事業になりますので、このお話を頂いた当初は正直悩みました。ですが、ウエムラさんをご紹介くださったJAの方を信頼していましたし、多くの建設会社をご存知のその方は前々からウエムラさんの建物は質が高いとおっしゃっていました。ですからこの提案を検討し決意したのです。土地は以前からよく知っている場所でした。国道に近く利便性に優れており、周辺には高い建物がなく海を望む見晴らしもいい。ここにマンションを建てるなら大丈夫だろうと思いました。

1棟の高層マンションよりも企画型マンションの2棟建ての方が建設費が抑えられて利回りを重視できた

広い土地なので高層マンションを建てることも可能ですが、同じ40戸なら1棟よりも、ウエムラさんの企画型マンションであるプレアを2棟建てるほうが建設費を抑えられ利回りが良いと考えました。駐車場は各戸2台所有できるように備えています。デザインは主に妻が選びましたが2棟それぞれにカラーリングを変えました。外壁はモノトーンと深いグリーン、内装も1棟はシックに、もう1棟は明るくなど、あえて違う色調を選んだのです。シャルマンという名前はフランス語でチャーミングという意味で妻と一緒に考えたものです。私の代で建てたマンションにはこの名前をつけています。

コロナ禍で竣工時期が遅れ、空室が出るのではと心配していましたが予定通りの建設スケジュールで竣工時には満室に

福津市は2018年に住みよさランキングで九州1位に輝いています。マンションは2019年に着工し、完成する2020年にはオリンピックの開催で好景気に湧くだろうと思っていました。しかし、新型コロナウイルスの感染拡大という事態となり、様々なイベントの延期や中止が決定。その頃はまだ建設中で、入居者募集に影響が及ぶのではないかと心配しました。かつてリーマンショックでマンションに空室が多くなり、苦心した経験があったためしばらく不安を抱いていましたが、建設は予定通りに進み、竣工時には満室になりました。ロケーションの良さもさることながら、ウエムラさんと地場の不動産会社の皆さんが努力してくださったからだと思います。本当に良かったと安堵しています。