中庭とひとつになったエントランスエリアが2棟のマンションをつなぐ(from第422号)

名称 ヴァン・ヴェール
間取り 3LDK 40戸 / 2LDK 24戸
延床面積 6,172.12m2
敷地面積 4,273.76m2
竣工日 令和3年5月31日
構造 鉄筋コンクリート造 4階建
所在地 福津市日蒔野4丁目13-1

2018年の住みよさランキングで九州No.1にもなった福岡県福津市。
そのなかでもオーナー様の土地は小学校に隣接し、スーパーやホームセンターなども近い好立地です。
角地を生かしたエントランスが目を引く、街のシンボル的マンションが誕生しました。

交差点に面した角地を活かした設計で、若いファミリー世帯を意識。広めの3LDKを中心としたマンションに

この土地は、県道535号線の交差点に面した角地にあり、向かいは小学校。JR福間駅、銀行、保育園、公園、大型スーパーやホームセンターも徒歩圏内なのでとても住みやすい環境だと思います。小学校の運動場に仮校舎が建てられるほど子ども人口が増えていて、ファミリー向けマンションの需要が高いと考えました。特に若い世代が多いエリアであることから3LDKが求められるだろうという判断で、広めの3LDKを中心としたマンションを建設することに。ウエムラさんが角地を生かした設計を提案してくださったのですが、そのエントランスホールや中庭のデザインパースを見た時、こんなに素敵なマンションが建つのかと、とても感激したのを覚えています。

マンションは角地の立地

中庭にはシンボルツリーを植樹し、ゆとりある空間を演出しています。駐車場の数は入居者の1.5倍で、キャンピングカーが停められる広めのスペースも

ガラス張りの明るい入り口を入ると中庭へと抜けることができるエントランスがあり、両側に2棟のマンションが連なる設計です。中庭は入居者がくつろいだり、子どもさんが遊んだりできるスペースになっています。庭の中央には円型のベンチを設置し、真ん中にシンボルツリーを植樹しました。このシンボルツリーは広がり過ぎないなど、大きさや形をウエムラさんと何度も検討して「シマトネリコ」にしました。そこからサブエントランスとなる冠木門があり、冠木門を抜けると駐車場です。駐車場の数は入居者の1.5倍。キャンピングカーが停められる広めのスペースもあります。冠木門も裏口には見えないと言われる存在感です。

マンションの中庭とシンボルツリー

エントランスの内装はホテルや美術館を思わせる雰囲気に。外側はガラス張りで夜のライトアップが美しく、夜景も魅せるエントランスに

当初ウエムラさんから提案された外観のデザインパースは、茶系の外壁に白いラインのコントラストが明確なカラーリングでしたが、白ではなくベージュにして外壁になじませて欲しいとお願いし、より落ち着いた雰囲気の外観になりました。エントランスの内装はレンガ調や石目調、木目調、凹凸のあるデザインタイルなどを組み合わせ、ホテルや美術館を思わせる雰囲気に。タイルを活用してアートのような壁面装飾も作ってくださいました。私がとくに気に入っているのは、エントランスから中庭を見渡せるところです。道路側はガラス張りなので夜のライトアップが美しく、より際立って見えます。想像以上のマンションが完成しました。引き渡し前には満室になりとても嬉しく思っています。

マンションのエントランス