老舗菓子店を賃貸マンションに。地域のみなさんに長く安心して暮らしていただける住まいを(from第423号)

名称 セレーノ
間取り 3LDK 10戸 / 2LDK 10戸
延床面積 1470.85m2
敷地面積 1082.73m2
竣工日 令和3年9月24日
構造 壁式鉄筋コンクリート造 5階建
所在地 筑後市大字尾島183-1

老舗菓子店だった場所に、賃貸マンション建設を決意されたオーナー様。
長年消防団の副団長も務めておられ、地域に貢献したいという思い、そして息子さんたちの将来への願いも込められたマンションが完成しました。

3代で120年続いた菓子店だった土地で賃貸マンション経営に

わが家は120年続く菓子店で、私は3代目になります。お店と工場、一時は喫茶店も経営していました。父と今後のことを相談して、私の息子たちが店を継ぐ意思があるのならこのまま続けてもいいけれど、なければ息子たちには自由に好きなことをさせてこの土地で賃貸マンション経営をするのもいいぞと言われました。私も還暦を迎えて将来のことを考えていた時、友人が住んでいるウエムラさんのマンションを見て「いい建物だな」と思ったのが相談のきっかけです。いくつかの建設会社の提案を聞いて検討しましたが、最終的に地震に強く耐久性に優れたWRC(壁式鉄筋コンクリート)造で採算性も良かったウエムラさんのプランに決定しました。船小屋地区は温泉街という以外に最寄り駅に新幹線が停車するようになり、また福岡ソフトバンクホークスの2軍スタジアムができて活気づいていますが賃貸マンションが少なく、特にファミリータイプが望まれていました。

経営する賃貸マンションにオーナー自ら住んでいるからこそわかる建物の快適性

長年菓子店を営んできたので地域とつきあいが深く、消防団の副団長も務めているので、みなさんに長く安心して暮らしていただける住まいをつくりたいと思いました。特に熊本地震のあとだったので地震に対する心配がありましたが、プレアシリーズが耐震性に優れた構造であることを詳しく説明してもらい安心しました。建物のバランスを考えた軽量化、断熱材やペアガラスの使用による遮音性や断熱性能の良さもポイントになりました。現在、建物の一室を利用していますが隣接する国道を通る大型トラックの音や振動も気にならず、快適に過ごせています。晩秋にもかかわらず、暖房も未使用の状態が続いて光熱費も抑えられています。ウエムラさんの説明通りの建物でした。たくさんの方々に「いい建物ができたね」と声をかけていただいて大変嬉しく思います。

外構の見栄えの向上やデッドスペースの活用などオーナーの気持ちを察しての提案

建設にあたりプレアを何棟か見学し、そのうちの一棟のデザインがとても気に入りましたので、建物と冠木門のタイルをお願いしました。また隣家との境界ブロックのグレードアップを相談したら、「隠れてあまり見えないところにお金を使うより、もっと見栄え良くしましょう」とエントランスホールの床材のグレードアップやデッドスペースの利用価値を上げる提案をしてくれて、建物を自分で掃除したいという私の気持ちも察していただいたことがわかりました。今は掃除をしながら入居者の皆さんに「いってらっしゃい」「おかえりなさい」と挨拶をしています。私はいつかまた別の場所で菓子店を開き、イタリア料理の道に進んだ息子とのコラボスイーツができたらという望みも抱いています。この建物を通じて地域の方々に喜んでいただき、息子たちの代になっても良いお付き合いをしていただけることが今の私の願いです。

外観・エントランス