自宅とアパートをマンションに建て替え、住居兼賃貸マンションに(from第425号)

名称 i・セレーノ姪浜駅南
間取り 2LDK 18戸 / 3LDK 19戸
延床面積 3,418.40m2
敷地面積 1,371.16m2
竣工日 令和3年10月28日
構造 鉄筋コンクリート造 10階建
所在地 福岡市西区姪浜駅南2丁目16-22

長年お住まいのご自宅と所有アパートをマンションに建て替えたオーナー様。
その理由やマンション完成後の新しい暮らしについてお伺いしました。

子どもたちの巣立ちをきっかけに、夫婦ふたりで住むには広すぎる土地と所有するアパートをファミリー向けのマンションに

マンション建設を決めたのは、両親を見送り子どもが巣立ったからです。約200坪ある自宅は夫婦ふたりで住むには広すぎて、同じ並びに所有しているアパートも修理が必要でした。はじめは他社に相談していましたが、収益第一という考えでワンルームマンションを提案され悩みました。私としては、地下鉄駅から近く商業施設にも恵まれている好立地だからこそ「収益よりも入居者が快適に過ごせるファミリータイプのマンションを建てたい」と思っていたのです。そんなときにアパートの管理をお願いしていた会社にウエムラさんを紹介されて相談すると、予算も納得のいく良いプランを立ててくれましたし、何よりも親身になってくれました。ウエムラさんなら私たちの思い描くファミリー向けマンションを実現してくれると思ったのです。

マンション居室のデザインコンセプトは2LDKは若い世代をターゲットに明るく、3LDKはシックに

外観はあたたかみのある色にしたかったので、ベージュ系のタイルを何色か組み合わせました。そこに白いラインでコントラストをつけたり、通路のパネルを濃い色にして全体の色調を引き締めたりしたのはウエムラさんの提案です。いろんなマンションを参考にしましたが、完成したi・セレーノ姪浜駅南が一番いいなと満足しています。またアプローチは車が通るので強度のある型押しコンクリートで石畳風にし、エントランスは黒と茶色をアクセントカラーにして重厚感のある仕上がりに。2LKDの住居は新婚さんなど若い世代をターゲットにして廊下を大理石調にするなど明るいイメージに、3LDKはファミリー層を想定してシックにしました。両タイプともモデルルームとして公開していましたが、評判がよく竣工前に満室になりました。

外観・エントランス

外観・エントランス

マンション上階で見晴らしがいい、戸建て感覚の空間にゆとりのあるわが家

私たちの自宅は「見晴らしがいいですよ」とウエムラさんに上の階をすすめられ、2LDK2戸分の広さを使った3LDKの住居にしました。空間にゆとりがあり戸建てのような開放感があってとても快適です。戸建ては庭の手入れや2階への上り下りが大変ですし、このタイミングで建て替えて本当に良かったと思います。完成後、ご近所への挨拶まわりをする際、なかにはマンション建設をよく思わない方がいらっしゃるのではと不安でしたが、ウエムラの支店長さんが同行してくださったのでとても心強かったです。「現場監督さんがいい方でしたね」と言われたり「完成おめでとう」の言葉をいただいたりした時は心から安堵しました。こうした近隣住民への配慮も含めてウエムラさんで良かったとありがたく思っています。